リンクスのハンター日記

箱○はじめました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻雀

麻格記事とか書くかもしれないんで麻雀カテゴリ作ってみた


とりあえず最初は麻雀メモ的な何か

脱初心者のための基本的な知識とか
ちなみに自分は、麻格:黄龍Lv13前後、ハンゲ麻雀:大富豪
あたりの中堅レベルです(今はどちらもデータが消えちゃいましたが・・・)

・初牌で「ドラ」「字牌」を切らない
ドラ切りは初心者によくあるドラ見てませんでしたっていうミス
ポンされて役牌、タンヤオなどで満貫コースなので絶対やらない
字牌も役牌ドラ絡みで上がらせないように最後まで切らない(あわよくば対子にして頭にする)

・降り
リーチがかかったら基本的に降りる(特に自分の手役が4飜以下の場合)
降りる理由は、振り込むと逆転するのが苦しくなるから
振込まなければいくらでも後で逆転可能
トップならなおさら現物切ってベタ降り
ただし「勝負手」ってのがあってそういう場合は突っぱねて追っかけリーもあり(ここらへんは数をこなして身につけてください)

(ACに例えると、AP勝ちしてるのに交差して突っ込んでバズとかスラ食らっちゃうアレと同じです。AP勝ったら引きましょう)

・捨牌をみる
リーチがかかった時に現物がない・・・って時は
捨牌を見てその牌の裏スジを警戒する
例えば、捨牌がこんな時
九索北西二筒發四萬
八索七筒横
端牌が切られた後に真ん中の4mが切られている
そういう時は三萬四萬四萬 四萬六萬こういう所に他の牌、7m等が入ってきて
三萬四萬 六萬七萬という形になって両面待ちになっている可能性が高い
なので、4mの裏スジである2・5・8mは危険牌なので警戒して捨てない

・鳴きタン、役牌のみ
初心者に多い、のみ手
リスクをおかしてまで鳴いて1飜のみとか何のメリットもありません
できるだけ面前でリーチをかけること
逆にリーチがかかった時に降りやすいので面前を心がけるべし

・シャンポン待ちよりもカンチャン待ち
二萬三萬四萬一索三索三索三筒四筒五筒五筒六筒七筒九筒 ツモ九筒
この時一索切って三索2枚or九筒2枚待ちにするより
三索切って二索4枚待ちのほうが効率がいい(捨牌と相談ですが)

何故効率がいいのかというと、
4sツモってきたら2・5s両面待ちに切り替えることができるからです
シャンポン待ちだと2種4枚から変化させることができない
ところがカンチャンから両面に切り替えると2種8枚で待つことができる
ただし、シャンポンでも端・字・2・8牌なら出やすい場合もあります

・鳴いて対々和より面前で七対子
理由は、鳴くとリーチがかかったときに切れる牌が少なくなる
ドラ絡みでも、鳴くとドラは出にくくなるので七対子のほうが上がり効率がいい
リーチをかければドラも乗りやすいので、役だけでは2飜だけど意外と攻撃力が高い

・リーチ
テンパったから即リーはあまりオススメしません
手役が低いからリーチをかけてお願い裏ドラ狙いってのもあまりよくないです
他の人がテンパイしてしまった時に降りることができないので
低い役ではハイリスクローリターンになってしまいます
なので、手が低い時は回せそうならできるだけ回してメンタンピン三色等の手にしていきましょう

・上がれる時に上がる
手を回すといっても、イーシャンテンを崩して遠回りするのもよくないです
上がり率は高くないので上がれる時に上がっておかないと逆転できなくなります
(正確な数値は忘れましたが3割くらいでしたっけ???)


と、まぁこんな感じかな?
初心者によくあるこういう所に気をつければそこそこ安定して勝てると思います
どちらかと言うと、勝つための戦法というより、「負けないための技術」というほうが正しいですね
負けなければ最終的にプラスになるので!
そこから上を目指して上級者レベルになりたいのであれば
プロが書いた本とかを読むと結構タメになりますよ
自分は小島プロの本をちらっと読んだことがあります

使用ツール:ttp://www.mj-king.net/sozai/paiga/

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://egze.blog60.fc2.com/tb.php/981-3c28d370
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。